ホーム > 試合日程・結果 > 試合日程・結果詳細

試合日程・結果

2022年度秋季リーグ戦

2022年10月1日(土)10:00 〜 @非公開

日本女子体育大学3-2日本大学

VS日本大学

25-23

14-25

25-27

25-22

15-10



1セット目

序盤、ライト浮ヶ谷のスパイクが決まり2-1。レフト柴山のバックアタックが決まると7-7で両者一歩も譲らない。しかし、相手の速攻攻撃を決められると連続ブレイクを取られ7-10でリードを許す。更に相手のサービスエースで8-12。ここで、レフト加藤に代わりレシーバー佐伯が投入される。佐伯のレシーブからライト浮ヶ谷のスパイクが決まり9-12。ここから流れが日女体へと傾く。ミドル塩崎のサーブ・レフト柴山のスパイクが決まり6連続得点14-12でリードする。レフト加藤の力強いスパイクが決まり18-15。最後は、リベロ高橋の二段トスからレフト柴山のスパイクが決まり25-23で1セット目を取る。


2セット目

序盤から相手の力強いスパイクが決まり2-6でリードを許す。ライト浮ヶ谷のスパイクが決まるも4-8。中盤、ミスが目立ち、完全にスパイクを止められると6連続失点10-19で更に点差を離される。終盤、ミドル佐藤のスパイクが決まるも、最後は相手のスパイクポイント14-25で2セット目を落とす。


3セット目

出だしから、ミドル塩崎のスパイクが決まり1点目を先制する。長いラリーからレフト柴山の力強いスパイクが決まると6-2。更に、ミドル佐藤の強烈なブロード攻撃が連続で決まると11-6で更に点差を離す。しかし、相手のサイドからのコースを突いたスパイクを決められ11-8。相手ミドルからのブロード攻撃を決められると15-14で1点差まで詰められる。終盤、ライト浮ヶ谷のスパイクポイントで23-21。ミドル佐藤の速攻が決まると24-22でマッチポイント。しかし、相手にブロックアウトを取られデュース戦へ。最後まで粘るも、最後は相手のスパイクポイント25-27で3セット目を落とす。


4セット目

序盤からライト浮ヶ谷の力強いスパイクが決まり5-5。レフト柴山のスパイクポイントが決まるも、相手に連続ブレイクを許してしまい7-10。しかし、ミドル塩崎の3枚ブロックを弾き飛ばす力強いスパイクが決まると連続ブレイクを取り11-11で同点へ。中盤、両者一歩も譲らないラリーが繰り広げられる。ミドル佐藤のスパイクポイントで15-16。終盤、4年生レフト加藤のサービスエース21-20でリードする。相手も負けずと攻撃を仕掛け、21-22で一度は追いつかれるも、最後はミドル佐藤のスパイクが決まり25-22で4セット目を取る。


5セット目

絶対に負けられない5セット目。序盤からミドル塩崎のサービスエースで4-3でリードする。ミドル佐藤のスパイクが決まり7-5。ミドル塩崎のブロックポイント11-7で更に点差を離す。終盤、ライト浮ヶ谷の強烈なスパイクが決まり13-9。粘り強いレシーブで相手のミスを誘い、最後はレフト柴山のスパイクが決まり15-10で勝利する。


フルセットの激闘を制し、今季初勝利となりました。途中、相手の流れを止められず苦しい展開がありましたが、粘り強いラリーで勝ち切ることができました。

明日は桜美林大学と対戦します。今日に続き勝利できるよう、チーム一丸となって頑張ります。


ご声援の程、宜しくお願いいたします。

本日のスケジュール
A
全日本インカレ vs東京女子体育大学