ホーム > 試合日程・結果 > 試合日程・結果詳細

試合日程・結果

2022年春季リーグ戦

2022年5月15日(日)12:30 〜 @

日本女子体育大学3-1日本大学

VS日本大学

14-25

25-22

21-25

24-26



1セット目

1点目からレフト柴山の強烈なスパイクが決まり、出だし好調。この後も、ミドル塩崎の相手の攻撃を止めるブロック・スパイクが決まり6連続ポイント11-3でリードを続ける。終盤、日女体の勢いは止まらず、ミドル塩崎の速攻が決まり19-11。最後は、長いラリーを制し25-14で1セット目を取る。


2セット目

出だしから、レフト加藤・柴山のスパイクが決まるも、相手のサイドからの攻撃を止めることができず、3-6でリードを許す。ここから、取って取られてのシーソーゲームが繰り広げられる。中盤、ミドル塩崎のコースを突くスパイクが決まり14-12でリードする。加藤のサーブで相手を崩し、レフト柴山のフェイントが決まり17-13で更に点差を離す。しかし、終盤ライトからの強烈なスパイクを止めることができず19-20。負けずとミドル佐藤のブロード攻撃が決まるも、最後は相手のスパイクを拾うことができず2セット目を落とす。


3セット目

絶対に負けられない3セット目。序盤からサーブで崩されミドル加藤のスパイクが止められると4連続失点を許し1-4。しかし、相手のミスが続き9-8で追いつく。ここで点差を広げたいところだが、自分たちのスパイクミスが目立ち13-16。終盤、レシーバー佐伯を投入し守備を固める。佐伯のキャッチからミドル塩崎のスパイクが決まり19-19。ここから、相手のミスを誘いブレイクを取るとレフト柴山のブロックを弾き飛ばすスパイクが決まり23-19。最後は、ミドル佐藤のスパイクが決まり25-21で3セット目を取る。


4セット目

序盤から白熱したラリーが繰り広げられる。レフト柴山の安定したレシーブからミドル佐藤のブロード攻撃が決まり2-1。相手も負けずとサイドからの攻撃で攻めてくる。リベロ高橋のレシーブからミドル佐藤の速攻が決まり11-11。中盤、ライト浮ヶ谷のストレートスパイクが決まると16-14でリードする。終盤、ミドル佐藤のサーブで相手を崩し塩崎のダイレクトスパイクが決まるも、先にマッチポイントを許してしまう。しかし、3枚ブロックを弾き飛ばす強烈なスパイクをミドル塩崎が決め25-24。最後はブロックポイント26-24で勝利する。



苦しい場面が何度かありましたが、最後まで日女体らしい粘りのプレーで勝利まで繋げることができました。春季リーグも残り1戦となります。今まで出た課題を修正し、最高のプレーで試合に挑めるよう励んでいきます。


引き続き、ご声援の程宜しくお願い致します。

本日のスケジュール
A
全日本インカレ vs東京女子体育大学