ホーム > 試合日程・結果 > 試合日程・結果詳細

試合日程・結果

2022年春季リーグ戦

2022年4月24日(日)16:00 〜 @

日本女子体育大学3-2嘉悦大学

25-18

29-31

27-25

22-25

15-12

1セット目

負けられない戦いが幕を開けた。

1点目はキャプテン佐藤のブロック得点から、サービスエースを取り 2-0。続くように塩崎の速攻にセッター稲田のサービスエースで4-2。その後もライト浮ヶ谷がスパイクで得点して6-3と出だしは好調。良い緊張感の中、動きに硬さは無く良い雰囲気でスタートを切れている。更に、佐藤が得意とするブロード、加藤のパワフルなスパイクが次々に得点となりブレイクを取っていく。16-7と大幅リードを守るも、1本のスパイク失点から相手にスパイク得点を許す展開が出てしまう。しかしライト浮ヶ谷が冷静にスパイクで得点を取り、20-13で先に20点に足を乗せる。終盤も攻めの気持ちを忘れず、相手に連続得点を取られないようコートを守り、自分達の勢いをそのままに25-18で第1セットを取る。


2セット目

油断は許されない2セット目。

序盤から何本かのミスが出てしまうも、流れを切らさない為に、集中力と繋ぎに力を注ぐ。取って取られてのシーソーゲームが繰り広げられる。しかし相手の攻撃力に対し、ディフェンスが思うように機能せず、中々流れを掴むことが出来ない。シーソーゲームが続く18-18の場面。塩崎に代わってピンチサーバー木内が入り、サーブで相手を崩し、ディフェンスで粘りを見せボールを繋ぎ、ブロック得点とスパイク得点を取った日女体は20-18と前に出る。相手も勢いが増していく中、セットは両者譲らぬデュース戦へともつれ込んだ。相手の失点に助けられる部分がありながらも、最後は29-31と第2セットを落とした。


3セット目

ここで取り返す気持ちをしっかりと作る。

躍動が止まらぬ加藤は、スパイクやフェイントをうまく使い分けて得点を取っていく。続けて対角の柴山もブロックの脇を抜くスパイクやフェイントで賢く点数を取る。また、相手のライト側からの攻撃に対してのディフェンスが機能しきれなかった部分をブロックの位置どりの修正と、ピンチサーバー坂口の投入により、機能させていく。また、セッター稲田の強気なツーアタックが効果的に得点となり、相手を欺く一手を見せた。また、メンバーチェンジで投入したピンチレシーバー佐伯がどんなボールも落とさないと言わんばかりのディフェンス力を見せつけ、繋がれたボールを確実に得点に結びつけるスパイカー陣。最後は勢いが増している最中のライト浮ヶ谷のブロック得点で26-25。続けて浮ヶ谷のスパイクが得点になり27-25で第3セットを取り返した。


4セット目

ミスを防ぐ雰囲気づくりと、勝ちに対する強い気持ちを再確認し、挑んだ。これまでのセットと同様にスパイクやブロックが得点となり、序盤の流れは引き寄せられている。特に塩崎の献身的なブロックが得点になり始めてきた。サーブをどんどん攻めて行きたいところだが、相手の攻撃に揺さぶられてしまい、落ち着きの持てない状況から、スパイクが相手ブロックに阻まれる展開が出てしまい8-11と序盤のリードを許す。すかさずタイムアウトを取るも、流れを帰ることが出来ず、サービスエースを許し11-16と点差を広げられる。リベロ高橋がブロックタッチに走り、ボールを繋ぐ。続くように日女体のキーマン浮ヶ谷がレシーブでも貢献する。軟打やこぼれ球への執着心を強く持ち、逃さない粘りのディフェンス力を魅せる。

止まらぬ躍動を魅せる浮ヶ谷が 2本のブロックポイントを魅せ、スパイクでも得点を重ねていくも、22-25で第4セットを落とす。


5セット目

今季初のフルセットマッチ。

昨年秋の因縁もあり、絶対に負けられない最終セット。大切なのはバレーボールを楽しむこと。ベンチ、コート、ギャラリー、全ての部員が一体となって挑んだ。序盤、セッター稲田のサーブが本戦 2本目となるサービスエースを取り波に乗る日女体。4-2と出だしは好調。相手を畳み掛けるかのように、レフト加藤がこれまで苦しめられてきたライト側からの攻撃をブロックでシャットアウトすると、ディフェンスに安定感が生まれ、塩崎の速攻が光る。ライト浮ヶ谷が万全の調子でスパイクで得点し8-5でコートチェンジ。この流れを離さぬよう後半戦を戦い抜きたいところ。メンバーチェンジで木内、坂口、佐伯を投入し、ディフェンスを固めた日女体。最後は相手に打ち負けないスパイクを見せつけて15-12で勝利した。


本日も、ご声援いただきましてありがとうございました。

勝つことが出来たものの、内容としてはやはり課題の残る一戦となりました。しかし、部員全員が一体となって戦い、勝ち抜くことが出来たこの一勝は今後の試合の糧にしていきたいと思います。

また、次の試合に向けてチーム全員で貪欲に勝ちにこだわり、泥臭くボールを繋ぎ、日女体らしい元気なプレイで勝利を掴みたいと思います。

次戦も、ご声援の程、宜しくお願い致します。

本日のスケジュール
A
2022年度秋季リーグ戦 vs国士舘大学